脚気(かっけ)

国立市で脚気(かっけ)の治療のことならやほ駅前鍼灸整骨院へ

脚気(かっけ)は、ビタミンB1(チアミン)の欠乏により、末梢神経障害と心不全が起こる症状です。
心不全によって足のむくみが起こったり、神経障害によって足のしびれが起こることから「脚気」の名前で呼ばれています。

おもな症状としては、全身のだるさや食欲がなくなることから始まり、やがて脚の痺れやむくみが目立つようになります。

一見、ただの足のむくみや痺れだと思い込んでいる方が、実は脚気であったケースも稀にあります。

関連記事

  1. 白帯下

  2. 国立市で咽喉頭炎の治療なら、やほ駅前鍼灸整骨院へ

    咽喉頭炎

  3. 血の道

  4. 貧血

  5. 国立市でへんとう炎の治療なら、やほ駅前鍼灸整骨院へ

    へんとう炎

  6. 胃炎