寝違い

寝違いの治療なら谷保駅前鍼灸整骨院へ

寝違いは、睡眠時に起きた頸椎捻挫という症状です。

不自然な姿勢で眠り続けた時に起こります。

睡眠中の冷え、睡眠不足、疲労、歪みなどが考えられます。

寝違えは首の内部が炎症を起こしている状態です。

自分で直接患部にマッサージを行ったり、無理に首を回したりすると症状を悪化させることもありますのでお気を付けください。

寝違いの対処方法は、まず患部を冷却し、安静にすることです。

当院での寝違い治療は、首に起きた炎症を抑える治療機器を使用し、

痛みが軽減してきたら手技療法を行い、筋肉の緊張を取っていきます。

基本的に治療開始から3日から1週間ほどで症状は治まりますが、初日から痛みのピークが続くことがありますので、早めに寝違い治療をお受けすることをお勧めします。

寝違いの症状でお困りの方は、お気軽にお問合せください。

関連記事

  1. 血の道

  2. 猫背

    猫背

  3. 胃十二指腸潰瘍

  4. 国立市で蓄膿(ちくのう)の治療なら、やほ鍼灸整骨院へ

    ちくのう

  5. 月経不順

  6. 胃炎