マッサージと免疫の関係

こんにちは😄
やほ駅前鍼灸整骨院です。

2022年も8月に入り、1年の後半戦になってきました。まだまだ酷暑が続きそうな天気と感染者の数は落ち着かない新型コロナウイルスやサル痘等への気疲れもあり、心身ともに疲労が溜まっていると思います。そこで気をつけたいのが免疫力の低下です!
今回はマッサージと免疫についてのお話です!

結論から話させて頂くとマッサージにはメリットがたくさんあると言う事です!
・循環改善による免疫力の向上→免疫細胞活性化による感染症予防、癌発生率減少など
・自律神経の安定化→ホルモン等の内分泌系の安定供給、うつ状態の回避緩和など

主に循環改善による免疫力向上についてのお話を詳しくしていきたいと思いますっ!

体の仕組みについて

血液とリンパの流れ

心臓から出た血液が全身を巡り、再び心臓に戻るのに約40秒かかります。
それに対してリンパ液が不要な物質や水分を回収して静脈に戻るのにかかる時間は8〜10時間かかります。
心臓、血管(動脈)にはポンプが作用があり、押し出す力、巡らす力が働きます。
対して、リンパ管には心臓のようなポンプ作用はなく筋肉の収縮を主に使いながら身体の中で巡っています

筋肉が硬くなり動きが悪くなると、血管(特に静脈)、リンパ管の働きが悪くなり血液、リンパ液の滞りが出てきます。
そうなると血液で栄養を届けても、疲れの物質や老廃物、余分な水分を回収するリンパ液の回収が追いつかない状態になって、体の中に少しずつ蓄積されてきます。そういった状態をそのままにしていると徐々に同じむくみ成分が蓄積されてきます。
(例えば部屋で埃が溜まっているところには、同じような埃が溜まって塊になるのと同じ状態です)

 

その状態が続くと、代謝機能が落ち、「むくみがひどくなる」「体のダルさが抜けない」「風邪をひきやすくなった」などの不定愁訴症状、自律神経の乱れが出てくるのです。血液やリンパ液の流れというのはとても大切になります。血液とリンパの流れは、免疫力にも深く関わってきます。

そのため、血液やリンパの流れに関係する筋肉の動きや硬さを改善するにはマッサージ(リンパマッサージ)が効果的な方法の1つです。

なぜ、マッサージで免疫力アップするのか?

キーワードはアルブミンとナチュラルキラー細胞(NK細胞)!

 

血流、リンパの流れを良くすると免疫力がアップするのはなぜ?

数ある免疫細胞の中で、免疫力に欠かせないのが、ナチュラルキラー細胞です。
そしてナチュラルキラー細胞の働きに深く関わってくるのがアルブミンというタンパク質です。

1.アルブミンは血液とリンパの流れにとても敏感で重要な物質です。
「アルブミン」はどのような物質でどういった働きをするのでしょうか?

アルブミンは私たちの体の総蛋白、約60%を占める重要なタンパク質で血液中の蛋白で最も多い量を占めています。
栄養状態の指標になったりして体内のアルブミン量の約60%は血管外に分布し、40%は血液中を循環しています。

体内で血漿(血液中の淡黄色の液体)中に多く含まれる蛋白質で、「血管中の水分を保持」、「血液中で栄養(カルシウムやビタミン)を細胞に運搬」、「ホルモンや薬などの物質に結合して運搬」をするように、体内のいろいろな物と結合してそれらを目的地に運搬する働きを担います。

そして届けた部分から出てきた余分な物質や不要な物質を持っていく働きがあります。ものすごく吸着力が優れているので、余分な水分は吸収し、疲労物質や、死んだ細胞の破片を回収してくれます。体の中を浄化してくれるものとても大切な物質です。

むくみの改善や体のだるさといった不定愁訴症状の改善をするためには、体の中でアルブミンが働きやすい環境をどのように作っていくかが大切になります。やはり、血液やリンパの流れを良くしてあげることが最適な環境になり、栄養の運搬と、不要物質の回収をスムーズしていく事が大切になります。

2.免疫を司る細胞、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)
普段はリンパ節と言われる組織の中で待機しています。そして体の中にウイルスや病原菌が入って来たときにリンパ節から出て行って、やっつけにいきます。その数は多ければ多いほど、体の闘う力(免疫力)は強くなります。
ここで重要なのが、ナチュラルキラー細胞が出て行く量です。

では、どのようにしたらウイルスや病原菌と闘ってくれる数が増えるのか?
そこでポイントは「アルブミン」ですっ!

リンパ節に流れてくるリンパ液内のアルブミンの濃度が高いほどナチュラルキラー細胞が出て行く量は多くなるのです。

血液、リンパの流れを良くすると、体の組織内に起こる滞りが解消され、アルブミンというタンパク質の濃度が上昇します。
それに比例して、体の中にウイルスや病原菌が入ってきたとき、それらを退治するためにリンパ節から出ていくナチュラルキラー細胞の量が増え、自然免疫力の高い体となり、感染症の予防につながります。

アルブミンの濃度を高めるための適した方法は?

1つは食事からアルブミンを摂取することです。
魚 肉 豆など食べて、肝臓で分解合成して作られますので、食事も大切にしてください。極度のダイエットでタンパク質が不足して、アルブミンが不足すると、体へ栄養が届きにくかったり、疲労物質、余分な水分が体にたまるので不調の原因にもなりますし、美容にも良くありません。バランスの良い食事を心がけていけるとさらに良いでしょうっ!

もう一つは「マッサージ」や「リンパマッサージ」です!
マッサージやリンパマッサージによって、体の中にある余分な水分、疲労物質、老廃物を取り除く事によって体内の循環改善を促す事です!

さらに注意したいのが!?
ストレスで免疫力が低下するする事です。これには自律神経の乱れも大きく関係しています。
自律神経には、交感神経と副交感神経とがあり、この2つのバランスが保たれることで免疫機能は正常に働きます
例えば、「悲しい」「こわい」「腹が立つ」などのストレスがかかると、交感神経が緊張し、副交感神経とのバランスが崩れます。これらの神経は、白血球やリンパ球といった、体を病原体から守る免疫細胞の働きにかかわっているため、バランスが崩れることで免疫力が弱まるのです。
また、自律神経のバランスが乱れると、IgAの濃度が低くなりますIgAとは、目や口・鼻・腸などの粘膜で働く抗体(異物に対抗するタンパク質)のこと。免疫の最前線で体を守ってくれているため、この濃度が下がると、病気にかかりやすくなります。
※自律神経の測定やお悩みはこちらをチェック→自律神経測定condiview(コンデビュー)

まとめ

マッサージと免疫は良好な関係性があります。皆さんが思われている以上にマッサージの効果は絶大です。
自己免疫を高めていくことで、感染症の罹患や重症化を防いでいきたいですね。

マッサージの効果を箇条書きにすると
・マッサージは、免疫力をアップ
・マッサージは、血行もよくする

・マッサージは、老廃物の排泄を促進
・マッサージはダイエットに効果的

マッサージによる循環改善は、腰痛や肩首回りの痛みにも効果的です。
マッサージはやり溜めはできないので、免疫向上や体のために定期的なメンテナンスが大切です!心身の疲労は溜め込まずにいきましょうっ!!

その他、お身体に不安がある方はぜひ当院をご活用ください!

最後まで読んでいただきありがとうございます😊

 

ESMトレーニング、美容トレーニング、美容鍼も受け付けてます。
ご要望などありましたら、FacebookやInstagram,LINE@からのメッセージお待ちしております!
是非フォローの方もよろしくお願いします!


※LINE@の登録でお得なクーポン配信中☺️

 

関連記事

  1. 姿勢の先生になりませんか?

  2. ホームページ更新

  3. オープンいたしました!

  4. 健康習慣〜第3弾〜

  5. 頭痛はなぜ起こる⁈

  6. 谷保院 桜前線  (国立市の桜開花情報)